2019年 農業高校・大学 研修

今年の夏休み高校、大学研修が終了しました。

学校で学んだことばかりではなく、ニュージーランドでは、オーガニック農法や自然農法を実際に体験しました。日本の夏はニュージーランドの冬にあたるため、気候や気温の変化、英語環境での生活など大変なことがありましたが、皆さん想像していたよりも辛くなかったと充実した滞在を送りました。

酪農の学生の中に、人工授精師としての就職が決まっている学生がいました。農家さんのご協力のもと、滞在中に実際に人工授精に挑戦しました。そのほか酪農だけでなく、園芸農園のお手伝いなど農場全般のお仕事をこなし、いろいろな経験をしました。


2017年 帯広農業高校 NZ農業研修

2017年の農業研修もNPO法人日本青年海外派遣センター様のご指導のもと無事終えることができました。

 

学生のお二人には、酪農、園芸ファームに滞在しニュージーランドでの農業を経験していただきました。

 

帰国後は今回の経験を活かして、それぞれの進路に向かって頑張ってほしいと思います。そして、また機会があったらどこかでお会いできることを楽しみにしています。

 

 

1.研修で楽しかったことー

  • ファームのマザーとご飯を作り、みんなで話しながら食べたこと
  • (日本では専攻外なので)たくさんの動物と触れ合えたこと
  • おいしいご飯を食べることができた
  • ファームの子供たちと遊んだこと、ジョークなどたくさん話せた
  • ファームのファザーにいろいろなところに連れて行ってもらえた

2.研修で大変だったことー

  • (専攻外の)酪農の仕事を初めて体験したので、慣れるまで大変だった
  • コミュニケーションが難しかった
  • 日本の農業についてもっと説明できればよかったと思う

3.滞在先のファームはいかがですかー

  • とても優しくて、温かい人たちでした
  • 本当にたくさんの思い出ができて、書ききれませんが、研修以外でも家族のようにいろいろなところに連れて行ってくださり滞在を満喫することができました
  • ゆっくり話してくれたり、話しかけてくれて楽しかったです

4.これから海外のファームで研修する皆さんにコメントー

  • 英語ができなくても、勢いで乗り越えることができます!少しでも興味がある人は海外に出たほうがいいと思います!
  • 日本の夏休みはニュージーランドの冬にあたるので、かさばらない、暖かい服を持っていくことをお勧めします。研修に関しては、英語の知識よりも農業の知識があれば、より充実した滞在ができるかもしれません

2016年帯広農業高校 NZ農業研修

 

帯広農業高校 ニュージーランド農業研修が無事終了しました。

  

今回が初めてとなった帯広農業のニュージーランド研修です。学生は乗馬農場、園芸農場、酪農場とそれぞれの専攻に近い農家に配属、実際に仕事を行いました。

 

農業研修ということで、ファームステイ体験とは異なります。朝は早くから作業が始まるところもありました。体力仕事になることもあったかと思います。大変な経験もされたと思いますが、つらかったこと、楽しかったこと、この研修でしか得られない経験が将来何かの役に立ってくれると信じています。またニュージーランドに戻ってきたいといってくれる学生もいらっしゃいました。

 


団体研修のお問合せもお待ちしております。お見積りはお問い合わせください。